面接交渉サポート業務

1.面接交渉権とは
 面接交渉権は親権を失った親が子と会う機会を得るということで通常月に1回2時間程度認められるのが通常です。ただし、この「会う」といった作業がなかなか難しく、次のような問題が生じます。

@DV等を理由に離婚したため、当事者同士はあまり顔を合わせたくない。
A仕事をもっているため、相手の都合のいい時間に連れていけない
B子供一人で行かせるのは不安だ

ただ、離婚協議書で面接交渉権を具体的に決めた場合には履行義務がありますので特段の事情がない場合には協議書の内容次第では債務不履行ということになりかねません。そこで、当事務所では面接交渉のサポートとしてお子様の引渡し、引取りを行います。

2.サポート内容
@親権者宅までお子様をお迎えに行きます。(事故防止の意味合いからも原則として公共交通機関を使用します)
A相手方の指定時間・場所にお子様を連れて引渡します(この段階で親権者に携帯メールでお知らせします)
B指定時間・場所にお子様を迎えに行きます。(この段階でも親権者に引取り完了メールをいたします)
Cお子様を親権者宅で引き渡します。

3.オプション内容
非親権者が面接交渉の際に、親権者への非難、同居の説得、金銭の要求など不当な行為をするのを避けるのと問題発生時の証拠のために、3時間を限度として面接交渉に同席し、禁止事項の遵守をさせ、会話内容を親権者に報告いたします(事前に同意が必要です)

4.料金
@親権者・相手方双方からそれぞれ1万円(但し交通費別)計2万円になります。相手方が親権者に直接引渡す場合でも同額です。
Aオプションは報告書の作成を含め2万円です。

5.ご注意
@お子様の故意・過失による途上の怪我等に関しては当事務所は一切責任を負いません。(念のために健康保険証は持たせてください)
A料金は先払い、交通費等は引き渡し時にお願いいたします。
B日にちをまたぐ引取り・引渡しは事前にご相談ください。
C乳児(3歳未満)の扱いはいたしません。
  
  

ホーム協議離婚とは離婚後の住まいと生計子供の教育親権者の決定と養育費財産分与と慰謝料離婚協議書の作成

面接交渉サポートご相談の流れと費用事務所詳細プライバシーポリシーリンク

 

©山下行政書士事務所all rights reserved